2017年09月01日

犠牲祭のイードであります!

すっかり放置プレイのこのブログですが・・・

日付が変わらないうちに何かしなくちゃ💦


モザイクFMのホームページにこんなものがありました(画面一部切り取り):
イード・アル・アドハーおめでとう.jpg
イード ムバーラク(=イードおめでとう)の文字が見えます。

でもこれ、どう見てもひつじのショーンでは・・・いいのかな

待てよ、これを貼っている私もマズイ



それはさておき💦

真面目な動画を一つ張っておきましょう。

イードの朝はみんなでモスクに行くのがならわしとか。

御年90歳のエセブシ大統領もお参りに:

しかしエライ人が行くと何だか仰々しくなりますねぇ( ̄▽ ̄;)

お祈りをして、宗教指導者のありがたいお説教を聞いて、家に戻ったら殺したての羊ちゃんBBQでお祝膳

過去に何度も書いていますが、つくづく雰囲気が日本のお正月みたいです。

お節ではなく羊ちゃんが死ぬから日本人的感覚ではどうにも血なまぐさいのだけれど、チュニジア人にとってはおめでたい事・・・

我々は生きているものの命をいただいて生きている、その事実をビシバシ突きつけられますね。


そうそう、数日前ダンナがZ君にお金を送りました。

「お正月に餅がない」ならぬ、「イードに羊がない」のは気の毒だろうという事で、一種のお年玉です

赤ちゃんは元気にやっているようで、オムツかえの最中なのかフリ○ン画像が送られてきました

いやぁ〜かわいいけれど、これはアップできないな(爆)



↓祝日バージョンバナーです↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 23:48| Comment(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

フェルナナで山火事です(>.<)

今年は、じゃなくて、今年「も」山火事が多い気がするチュニジアです。

ジャンドゥーバ県のフェルナナでかなり大規模な山火事が発生したらしく(7月31日ごろ?)、フェイスブック上に画像があがって来てますね。

フェルナナはここ:


海水浴場と「針岩」のあるタバルカから山のアイン・ドラハム経由でガルディマウへ行くのによく通った田舎の街です


火事の動画を見ると空が煙だらけでエライ事態に(揺れていて見づらいです)🎥

これは・・・大変

家財道具を持って逃げる人々や消火活動の様子などもありました。

幸い今のところ死者はいないらしく、でも、家が7軒焼けたようです。
ネット仏文記事

少しでも鎮火しているといいんですが・・・大丈夫かしらん。


記事によると『ジャンドゥーバ県ではこの火事の前日にも14か所以上で火災が発生していた』とあり・・・

自然発火にしちゃ件数が多いような(ーー;)

ジャンドゥーバ県だけやたら山火事が多く起きてる??

何だかなぁ・・・北西部は確かに森林が多いけれどチュニジアの他のところにも山はあるわけで。

報道が偏っていないことを祈ります。
(ジャンドゥーバ出身と言うだけで差別されるとZ君たちがぼやいていたのでひっかかります)



フェルナナあたりは開けた緩やかな畑や丘が連なる気持ちいい所でしたね。

ドライブ気持ち良かったな(カーラジオの音量に注意):

うねうね道なので画面揺れまくっててスミマセン💦

のどかな見た目に反して生活は何かと大変そうですが・・・



<8月2日夕方追記>

モザイクFMのサイトで更なる情報を見つけました→仏文記事

それによると約220ヘクタールが焼失(ディズニーリゾートの2.2倍くらい?広いっちゃ広いけど)、23軒の家が焼けたそうですが死者はいないようです。

9割方コントロール下にあるそうなので火災の峠は越えたと見ていい、のかな?

過去に起きたオーストラリアやモンゴルの森林・草原火災と比べると規模がかなりかわいいですが、国自体が小さいのでインパクトが大きく感じられますね。




にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
posted by snowshoe-hare at 12:25| Comment(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

チュニジアで女性への暴力根絶を目指す法案が可決、成立しました(@▽@)

すでに日本語のニュースにもなっているので(→AFPの記事)スルーしようかと思っていたんですが、アラブな国では珍しい出来事なので忘備録的にアップすることにしました。

中東な国では女性は男性よりも格下扱いだなーと感じる事がとても多かったんですが(裏を返すと”守られて”いたり”レディーファースト”だったりするので楽チンな一面も)、チュニジアは意外と男女平等なところがありまして。

議会の議員の半数が女性なんです、日本じゃ議員と言えば多くが男性なのに。


でも・・・

実際は女性差別やセクハラ、DVもひどいらしく(なかなか表に現れないけれどたまにひどいニュースを目にします)、性犯罪に関しては首をかしげたくなる処罰も。

まぁ、日本もその辺遅れてるよなーと感じますけどね


それで、タイトル通りですが女性への暴力根絶を目指す法案が可決されました✌

france24の英語バージョンが詳しいので(動画入り)リンクを張っておきます→コチラ

いやぁ〜、アラブな国、アフリカの国でこんな法が成立するとは画期的


その法がちゃんと機能するといいんだけど(ーー;)


一番の問題は「財源をどうするか」のようです

DV被害者の支援をするにしても先立つものがないと厳しいものが

何かいい方法ないかなぁ


ただ、男性のナンパ気質がそう簡単に変わるとは思えないので、通りすがりに「あちょー!」「ジャッキーション!」の言葉が消えるとは・・・

思えません



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
posted by snowshoe-hare at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする