2014年12月31日

バルセロナ一人旅(その42)最後までハラハラ・・・

Z君が山の田舎に戻って行きました

1月3日はいよいよ婚約式だもんね・・・でも寒そー!

チュニジアの年末年始は大晦日の夜にカウントダウンパーティー(”レユニオン”と言うらしい)でドンチャン騒ぎ、翌1月1日はお休みですが、2日からは通常営業です。


では続きをわーい(嬉しい顔)

迎車の約束の時間から15分過ぎてさすがに焦った私・・・

タクシーを捕まえようと通りに出たらごま塩頭の小柄なおじさんに呼び止められました。

「あの、遅れてしまってごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

お、おぉ〜、運転手さんexclamation&question

「さっ、急ぎましょう手(グー)

普通だったら本当にお迎えの人なのか各種書類やら名札やらをチェックするんですが、この時は見なかったですねぇ・・・(過去に中国で何度か非常に巧妙な偽物お迎え運転手が来た事があったからアジアでは警戒するクセが)。

本物だったから良かったけどチト危なかったかな。


バルセロナに到着した時は普通の(いや、美しい)セダンに乗ったのですが帰りは:
迎えに来た車の中
広いなー!私一人なのにがく〜(落胆した顔)


見物できなかった所に差し掛かったので車窓から写真を撮ってしまいましたカメラ

スペイン広場:
スペイン広場
塔が大きい〜どっちも上の方が工事中でした。


元は闘牛場、現在はラス・アレナス・ショッピングセンター:
ラス・アレナス・ショッピングセンター
エル・ジェムの円形闘技場を思い出しましたね。

運転手さんによるとカタルーニャ地方では闘牛は伝統的な物ではなく、好かれていないんだそうな。

「残酷に感じるんだよ。そう言いつつビーフ食べるんだけどあせあせ(飛び散る汗)


おじさん運転手は英語が話せたからあれこれ聞けてよかったですねグッド(上向き矢印)

バルセロナにはLCCがよく使う空港と、普通の(?)空港と2つあるんだそうで、私のフライトがどっちの空港から飛ぶのか途中でスマホを駆使してチェックしてくれました。

チュニスエアーはLCCじゃないけどなぁ・・・

ヨーロッパのLCCよりサービスも機体もぼろっちいけどさ( ̄▽ ̄;)

通常のバルセロナ空港と判明して一安心です。


結局ほどよい時間に到着、無事にチェックインも済ませてゲートへ。

お金持ちのチュニジア人が大量の荷物を預け入れていたのが印象的でした。

じゅうたんとか調度品とか、ヨーロッパの方が品質いいもんね。

(Z君たちと比べるとなんて格差なんだろう・・・もうやだ〜(悲しい顔)


さて、ちょっとお茶でもするかるんるん

余ったユーロでこんなものを:
空港カフェでハム味ポテチとコーヒー
ハム味のポテチとカフェオレ


ぼつぼつ搭乗口に行こうとチケットに印字されていた番号の所に行ったら人が集まって来ていました。

しかし・・・

出発時刻30分前になった時に「1時間の遅れ」という表示が。

しょーがないなーチュニスエアー

30分から1時間程度の遅れはいつものことなので、チュニスエアーに乗る方は時間配分に注意した方がいいと思います。


で、その辺をぷらぷら歩き回って時間つぶしをしていたら、

あら?便名表示が消えた・・・

他の乗客の皆さんと「おかしーなー?」「まさか欠航?」とブツブツ言い合っていたら、

ゲートの変更(ーー;)

どーなってるんだ・・・

首をかしげつつ広い建物の中をずるずる歩いて移動しましたよ。

とうとう日が暮れちゃって真っ暗け夜


行った先のゲートでも結局ずーっと待たされ・・・

ざわざわしていた所に空港の係員のおじさんがやって来て:

「チュニスエアーの皆さん集まって下さーい!演劇

「これから夕食を用意させていただきますレストラン下の階のレストランに移動しますのでついて来てくださーい」


まぢっすか( ̄▽ ̄;)


そのおじさんに聞いたら機体がまだチュニスから来ていないんですとがく〜(落胆した顔)!!

そしてこうぼやいてました:

「チュニスエアーは3回に1回はこうやって遅れる。1時間くらいの遅れは日常茶飯事で珍しくもない。だから定刻に飛んだらミラクルだね

あーあバッド(下向き矢印)


出国審査を逆戻りして空港内のレストランにゾロゾロ・・・

遅延便専用メニューなるモノを渡され、前菜、主菜、デザートを選びました。

見知らぬおっちゃんも戸惑いを隠せず:
フライト遅延者用メニューを眺める男性


前菜に選んだサラダは:
前菜(サラダ)
おっ、多すぎる・・・ふらふら


メインはチキンにしました:
メイン(鶏肉)
デカい・・・そこにあふれんばかりの芋フライ・・・たらーっ(汗)


デザートは2種類の中からアイスクリームを:
デザート(アイス)
イチゴバニラ味・・・甘っがく〜(落胆した顔)


どれもこれも多すぎてかなり残すハメにもうやだ〜(悲しい顔)

ま、タダご飯だからいいか(^^;)


結局定刻から4時間以上遅れて出発、チュニスに夜9時ごろ着くつもりが夜中の1時過ぎに到着、疲れてるわ眠いわでダルダルバッド(下向き矢印)

迎えに来るダンナとZ君がカルタージュ空港で待ちぼうけしているんじゃないかと心配したんですが、あまりの遅れように一旦家に戻って出直して来たそうです車(セダン)

でも私のケースはまだいい方らしく、過去には7時間遅れでバルセロナからチュニジアに戻った方も(明日仕事なんだよね〜という場合は影響覚悟で乗るしかないexclamation&question)。


大統領も決まったことだし(ようやく選挙管理委員会から正式な発表が!)、チュニジア国内のテキトーなモノゴトが改善されてくると嬉しいけれど、まだ時間がかかるかな?


というわけで・・・

40回以上&2年間にも及ぶ(!)気の長〜い旅日記になってしまいふらふら

今や料金なども改定されてちっとも参考にならなかったりするんですがたらーっ(汗)

読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m


皆さま良いお年をお迎えくださいわーい(嬉しい顔)

来年は中東が少しでも平和になるといいなぁ・・・


back



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | バルセロナ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

バルセロナ一人旅(その41)ホテルに戻る道中&その後

寒い!@東京です。年が押し迫ってまいりました手(グー)

取り急ぎ続きを・・・


ランブラス通りをずずーっと歩いてホテルに戻りました。

道中にはたくさんの大道芸人やミニショップが並んで賑やかアートかわいい
ランブラスの大道芸人
日本じゃ見かけないですよね〜。

全身金色、銀色、真っ白けとかでほっとんど動かない皆さま・・・目


ひょっとして1902年に創業のタパス店?
ホテル向かいのタパス屋
この写真だけ朝撮ったものですあせあせ(飛び散る汗)


アートを感じたお菓子屋さんっぽい小さなお店:
お菓子屋さんらしい


そのままランブラスのスタバで簡単に、サンドイッチランチを済ませました

途中の建物にこんな物が:
ラクダがプレゼントを?
なんでラクダなんだろ??


ホテルに戻って荷物をまとめ、無事にチェックアウトを済ませましたが、

1泊0.75ユーロの宿泊税が上乗せされました。

6泊したから4.5ユーロの出費です。

ホテルの星の数で宿泊税が上がるから安い宿で良かったですね


空港まで連れて行ってくれる車(あらかじめ申込済)が迎えに来るのは午後3時。

まだ時間が若干あります。

だけど荷物を持ったままロビーでうたた寝するのはちょっと・・・たらーっ(汗)

フロントのお兄さんに荷物を預かってもらえるかどうか聞いてみたらOKでした
(ありがたいことに無料!)


シンプルな預かり証:
荷物預かりチケット
108は泊っていた部屋番号です。


また外をウロウロしようかな?とも思ったんですが何かあったら困るし、実は連日歩き回って疲れがたまって眠かったですし、2階ロビーの広いソファはかなり魅力的な昼寝場所でした眠い(睡眠)

ただ、少しウトウトしただけで眠気をふっ飛ばされる事にふらふら


誰かが部屋の窓を開けて奇声を発していて・・・演劇

こんな真昼間になんなんだ


私が泊っていた部屋に近い「お安いコース部屋」の一つから若者が2人出て来て、

1人が「フォーッ!フォーッ!」 ←テンションおかしい

もう1人はそれを何とかなだめようとしているように見えました。

冬なのにどっちもTシャツ、金髪に青い目&高身長・・・北欧系?

(なんじゃいな?昼から酔っぱらってるの?)


2人は私が座っていたソファの手前にあるパソコンスペースにやって来て、騒いでる方が机を蹴っ飛ばすわ立っているランプも倒すわどんっ(衝撃)・・・相手がそれを「あーこら、やめとけよあせあせ(飛び散る汗)」と止めてましたね。

(おいおい怖いなぁがく〜(落胆した顔)


そして、興奮している方の腕に気になるモノが。

たくさんの注射針の跡!!

ヤバい、薬物中毒

クスリのせいで異常なハイ状態なら何となく納得が行きます。

何かちょっかいを出されたら低身長の私なぞはひとたまりもありませんふらふら


すぐ裏の女子トイレに避難しましたよダッシュ(走り出すさま)
女子トイレ広い!
用はないけどしょうがないたらーっ(汗)しかし広いなー

トランク持ち込んでも全然余裕、ついでにベビーカーも入りそう目


ドアの外ではホテルのスタッフが駆けつけてくる音と若者が騒ぐ声が入り乱れ、結局何とか興奮男を落ち着けて部屋に戻ってもらった(?)様子。


ふー、嵐は去ったようだね( ̄▽ ̄;)

日本だと酔っ払い以外のこんな輩はお目にかかりませんが、ヨーロッパは大麻解禁な所もあったりするからいろんな人がいるのかも。

ホテル側も大変ですねぇたらーっ(汗)


で、3時になったので預けていた荷物を受け取ってホテルの外に立っていたんですが・・・

来ないふらふら

ちょっとちょっとー、これは計算外なんだけど!

まさかストexclamation&question

チュニジアの携帯電話は使えないし、フロントで電話を借りて送迎を申し込んだ旅行会社に電話するか!電話

いや、それよりさっさとタクシーを捕まえた方がいい?


・・・続きます

back next



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

バルセロナ一人旅(その40)王の広場、そして海方面へ

クリスマスは特に何もしなかった我が家ですあせあせ(飛び散る汗)
(平日だしダンナは大残業、特にお祝いするほどの気分でも・・・)

昨日はアクセス数が急に延びて、年末年始をバルセロナやマルタやチュニジア、パリ経由の海外で過ごす人がいるんだな〜と実感しました


ふーっ・・・

何とか年内にこの旅行記を終えるぞ手(グー)


リセウ劇場を後にして、行けていなかった近所の名所を目指しました

今から思えばかなり効率の悪い回り方をしてましたねふらふら


大聖堂のすぐそばにあるのに路地を間違えてたどり着けていなかった場所・・・

王の広場です

隅にある階段から王様が出て来たんだろな〜:
王の広場
「歩き方〜」によるとコロンブスが新大陸発見の報告をしにここまで来たそうで。

彼のパトロンになっていた女王イサベルに謁見したとか。


ちょうど大聖堂の鐘が時を告げる音がしてきたので最後の方だけ録音してみました演劇

響きが重厚ですねぇグッド(上向き矢印)

バルセロナにはやっぱり青空が似合います


中世な一角:
中世な一角


ここからひたすら海方面へと路地を歩いて行きました。

前日の夕方に遭遇した針金オブジェの昼間の姿がこれです:
巨大針金オブジェ
ううむ、明るくても意味不明あせあせ(飛び散る汗)


やっと目の前が開け、海に出ました!わーい(嬉しい顔)


海沿いを走っているのがコロン通りです。

そして広い歩道には巨大なエビ『ラ・ガンバ』が目
ラ・ガンバ
デカいなぁ・・・がく〜(落胆した顔)

バルセロナ・オリンピックのマスコット「コビー」をデザインした方の作品だそう。


歩道の端まで行ったら別のオブジェがありました:
バルセロナ・ヘッド
『バルセロナ・ヘッド』という名前です。

言われてみれば確かに顔が・・・

アメリカっぽいなと思ったらそれもそのはず、ロイ・リキテンスタインの作品だそうな。


今度は逆方向、モンジュイックの丘が見える方へと歩きました。

あったかい日差しを浴びながらプラプラ、気持ち良かったですねぇるんるん
(アヤシイ人に近づかれないよう、一応気を付けていました)

日向ぼっこ&散歩日和グッド(上向き矢印)
コロン通り


地中海の国々共通の景色だなーと思った光景がこれ:
マリーナ
マルタ島もチュニジアもギリシャも・・・リゾート

この画像だけ出されたらどこだか分からないと思います。


何やら高い塔が建っていました:
港から見た塔
逆光だったので港側に回って撮影カメラ

てっぺんは・・・コロンブスだそう。


アップにしてみたら:
塔の上のコロンブス
地図?を片手に彼方を指さしてますね。


塔の根元には彫像がいっぱい!
塔の根元部分
天使やら女神様やら、神父さんっぽい人も?

イサベル女王との謁見らしき浮彫もありました。


ヨーロッパ人はライオンがお好きらしい:
ライオンの像
三越を思い出す日本人な私わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


すぐそばのポルタル・デ・ラ・パウ広場です:
ポルタル・デ・ラ・パウ広場
人も車も多いので横断する時は気をつけましょう。


塔と広場を撮ってみました(動画)映画

そうそう、有料ですがコロンブスの塔には登れるんですよ!(上がってないけど)


海に近づいてみました:
遊覧船乗り場
時間に余裕があればゴロンドリーナ(遊覧船)に乗ってちょっと港を回ってみるのも面白そうです。


立派な建物ですねぇ:
港の建物
バルセロナ港・・・通関にでも使ってるんだろか?


少し遠くにモダンな橋が見えていました。ポルト・ベイ地区です:
ポルト・ベイ地区
大きなモール、レストラン、映画館、水族館などがあるそう。

人が多くてびっくりがく〜(落胆した顔) ららぽーとみたいな感じ?


おっと、ぼつぼつホテルに戻ってチェックアウトの準備をしなくちゃあせあせ(飛び散る汗)


ポルタル・デ・ラ・パウ広場に面していた建物の時計を見上げたんですが:
SEIKOの時計だ
故障かい!・・・って、SEIKOexclamation&question


・・・続きます

back next



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする