2011年10月20日

マルタ旅行・その16 クリスタルブルーの海!コミノ島

間が開いてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)旅行6日目の朝です。

6時過ぎ、ダンナはプールで朝練(!)、私はバルコニーから朝日をゲットカメラ
昇る朝日
おぉ〜、気持ちいいるんるん


おそらくダンナにとってはこの日が一番楽しかったのではないかと・・・

美しい海で泳ぎ放題でしたからわーい(嬉しい顔)


私はと言うと月のものが一番ヘビーで泳ぐどころか「今日は物忌みで動きたくないふらふら」状態。

それでも出かけましたけどね。

写真くらい撮らなくては(爆)・・・お金払ってマルタまで来た意味がないもの。


ホテルのカウンターでコミノ行きのコースに申し込みました。

大人1人22ユーロ、往復のバスと船代です。

(他にもランチつきのコースやスリーマから直接船で島に行くコースもあり)

ホテルから送迎バスで島の北西の端にあるMarfa港まで連れて行ってもらい、船でコミノ島に移動、と聞いていました。


バスの車窓からマルタの畑の様子をパチリ:
荒地の畑
少々ブレましたが、この石垣は先人達が手作業で積み上げたものだそうです。


港の近くには見晴らし台のように立っている建物が目
Red Tower
Red Towerというそうな。

確かに言われてみればマルタ特有の黄色い石ではなく赤っぽい色ですね。


コミノ島行きのフェリー乗り場です:
コミノ行きフェリー乗り場
人が多いなー!って、うそ、またお金払うのがく〜(落胆した顔)??

焦っていたら係のおじさんが「こっちですよー!」とバスに乗っていた面々を誘導してくれました。
(むろん料金払い済みなのでここでは何も払いません)


船着き場なのにきれいな海で小魚が!
乗り場の小魚たち


おっ、これに乗るのねわーい(嬉しい顔)
コミノ行きの船


何の気なしに席に着きましたが、出発してびっくり。

すっげースピード!!
水しぶき!
水しぶきザバザバ!!・・・パワーボートってこういう船なのね、きっと。


10分程度でコミノ島が見えてきます:
コミノ島の船着き場
海の色が出てきた港と違う・・・目


船を降りて桟橋から海を見たら:
プールみたいな色の海
わ〜お、プールみたいな色ー!


透明度もピカイチぴかぴか(新しい)
透明な海
ほぉーっ!底の白砂が見えるよ〜!


到着したのは11時近く、帰りの船は午後4時と5時のどちらか好きな方に乗ればOK。

何かあったらいけないので早めの午後4時の船に乗ることにしました。

帰りの船のチケットは先に渡されます:
帰りの船のチケット
これ無くしたら戻れないから大事だわあせあせ(飛び散る汗)


桟橋からすぐの場所にパラソルとデッキチェアがたくさん並んでいて、有料ですが使えるようになっていました(あら、いくらだったっけ?)。

夏のコミノ島は海水浴客で非常ぉ〜に混むので、早く来てさっさとパラソルとイスをゲットした方がいいと思います手(グー)

昼過ぎに来た人たちは何もないカンカン照りの岩場に陣取るしかなく、暑くて大変そうでしたから。


対岸の小島には洞窟みたいなものが見えていて興味がそそられます:
洞窟が見える
ダンナが泳いで行ってみた所、意外と暗くて水もあるしで中を探検するのは断念しました。

しかしきれいな海だなぁ〜〜黒ハート


パラソルの下、デッキチェアでうたた寝しながら極楽人生わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

泳げないけどまぁいいっか。この景色はチュニジアでもなかなかないからねぇ。


何時になったのやら、ダンナがスタンドでハンバーガーを買ってきました:
ハンバーガー
でかっ・・・味はまぁ、まぁこんなもんでしょう(^^;)


丘の上にあるお手洗いに行くついでにパチリ:
コミノ島・海水浴場
いや〜〜きれいだわ〜(もう、それしか言えないあせあせ(飛び散る汗))。


トイレは水洗なんですが、海水浴客が非常ぉーに多いのでトイレットペーパーがきれていたり故障して流れにくい事が。「マイロール」を持参した方が安心でしょうね。

ちなみにお手洗いの建物の中にはシャワーブースもありました。

さすがマルタ、チュニジアとは設備が違います。ちょっと悔しいけど。


船を少し沖に停泊させて、直接海にドボン!なんていうグループもいました。

音楽をかけて甲板でノリノリのビキニおねーさまるんるんとか、はじけてる(←死語?)人が大勢!


欧米やなー(≧▽≦)


3時半になり、帰りの船が混みあうことを予測して我々は早めに並ぶ事にしました。

でも似たような考えの人が意外とたくさんいるもので、狭い桟橋はあっという間に人だらけがく〜(落胆した顔)


何とか無事に乗船、幸運にも(?)操舵室に入れました:
操舵室
カッコイイですね〜。これぞ海の男の現場exclamation&question


丸い窓がまたいい雰囲気で:
船の丸窓


行きの船はめちゃくちゃ早かったですが、帰りの船はゆ〜っくり。

なぜならコミノ島のこんな所を回りながら戻るから:
洞窟がたくさん
ブルーグロット(青の洞窟)みたいに崖に穴が開いていて壮観なんです。


思わずたくさん撮っちゃいましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
洞窟1

洞窟2

洞窟3


混んでいる海水浴場を避けてあえて裏手に停泊中:
裏手に停泊
プライベートな船ならこんな事もできるんですね。贅沢〜揺れるハート


コミノ島は本当に小さな島で、夏だけオープンする宿があったりこんな城塞も:
コミノ島の城塞
名残惜しかったです・・・

さよなら〜っ、コミノ島〜(T.T)/~~


・・・つづきます

前へ 次へ


お手紙は私書箱へ→コチラ郵便局 ←リンクを変えました!
(これなら気兼ねなく書きこめるかと・・・色々試行錯誤中でスミマセン)



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | マルタ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

マルタ旅行・その15 スリーシティー見物の後

ヴィンテージバスに乗ったのが朝の11時、くるっと回ってスリーマのバス停に戻って来たのが午後1時過ぎ。

普通の人ならその後他を観光するとか、タクシーを拾ってホテルに帰る、その辺を散策して路線バスに乗るなどするのでしょうけれど・・・

我々夫婦は『スリーマで時間をつぶして午後4時の無料送迎いバスに乗る』というセコイ(ある意味時間がもったいない?)手段を選んでしまいました。


バス停を降りた後はとにかくお腹が減っていて・・・

旅行会社のリストに載っているレストランはどれもまともな所なのでそれなりのお値段、

安上がりにしたい、でもまずいものは嫌

結局道で割引券をもらった黄色いMの字のお世話になることに(^^;)


日本でもサウジにいた頃でも全く足が向かなかったのにマルタで何回も食べるとは。

結局味の想像がつく所が安心ってことexclamation&question


スリーマのプラザ・ショッピング・センターの地下1階にマクドナルドがあります。

ファッションのお店が多くておしゃれな雰囲気・・・って、サウジっぽいがく〜(落胆した顔)

もぉ〜家族連れと若者で大混雑ふらふらお昼じゃ当然か〜

でもさすがファストフード、回転が速くて助かりますグッド(上向き矢印)

それにサービスの早さは世界共通!

買わなかったけど、ピスタチオフラッペって・・・おいしそう:
ピスタチオ・フラッペ

だいぶ粘ってダラダラしましたが、ショッピングセンター内を見物することにしました目

土地が狭いせいか縦長のビルです。

ちょうど夏のセール中で、ダンナがランニングを買いました。


最上階の本屋さんものぞいて同じ階でお茶もして喫茶店
イタリアンコーヒー
イタリアンコーヒーのお店で美味しかったなぁ。


バスの時間が近くなってきたのでビルを出て、こんなアートに参加わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
アートに参加
ついつい空席に座って一緒に写真を撮りたくなります。


で、無料送迎バス(50人乗れる大きなもの)が来たのですが・・・バス

「ハイ、皆さんチケットを見せてくださーい!ハイ並んで〜順番にどうぞ〜」

実は我々、ヴィンテージバスの運転手さんにチケット代の差額(※)を払ったのですが、北回りや南回りのバスと違って「正式なチケット」がもらえなかったんですよ。

(※)バスの支払いシステム:
1.ホテルのコンシェルジェデスクでバスツアーを申込む
2.デスクでデポジットを払って「引換券」をもらう
3.「引換券」を無料送迎バスの運転手さんに見せて、スリーマまで移動
4.残りの金額はコース別のバスに乗る際、「引換券」を運転手か係員に渡して払う
5.運転手もしくは係員からその日の「チケット」を発行してもらう

5番の手続きをすっぽかされたんです、私たち・・・たらーっ(汗)


ヴィンテージバスに乗る際、ダンナが運転手さんに聞きました:

「午後の無料送迎バスに乗ってホテルに帰るつもりなんだけど、チケットを持ってなかったらそのバスに乗せてもらえないんじゃないの?」

「大丈夫、言えば乗れますから」

「えー?そう?」

何となく、ひっかかる・・・(ーー;)

そう思いつつ何ももらわないままにしてしまったのが間違いでした。


係のおじさんに事情を説明したところ:

「チケットのないお客様は送迎バスにはお乗りになれませんバッド(下向き矢印)」の一点張り。

「でもヴィンテージバスの運転手からは’言えば大丈夫だ’と言われたんですがあせあせ(飛び散る汗)

「チケットがないと無理ですねぇ、そう決まっていますので」

「え゛ーちっ(怒った顔)?!チケットをくれなかった上に大丈夫だと言われたんですよ」

「申し訳ないんですがチケットのない方は乗せられない規則ですバッド(下向き矢印)

「何それちっ(怒った顔)むかっ(怒り)ひどい!ベリーバッド!ベリーバッド!!


おぉ〜、ダンナが白人を相手にデカイ声出して怒ってる〜・・・いいぞいいぞー

もしダンナがそこで怒らなかったら、私がブチキレるつもりでした。

日本人をナメてもらっては困りますパンチ

(でも日本人の怖さって「口コミ」だと思う・・・外国語でケンカができない分情報を集めて「あそこのアレが良くない」と知ったら最後、誰も利用しなくなりますから)


今から思えばヴィンテージバスに乗っていた面々はお金持ちそうなお年寄りばかり。

優雅に高いタクシーに乗ってどこへでも行きそうなタイプでした。

だから我々が時間をつぶして午後の無料バスに乗るなんて、真に受けていなかったのかも。


さて、送迎バスに拒否された以上、他の手段で何とかして帰るしかなく・・・

時間つぶしをしたのが無駄だった事になり、怒りもあるわものすごく凹んでもいるわで気分最悪です。

「歩いて帰るぞっむかっ(怒り)」ダンナはイライラ。

こういう時は気持ちを切り替えるしかありません。

「しょうがないねぇ。ゆっくり見物しながら帰れってことですな(ーー;)」


海沿いではなく、近道になりそうな路地をてくてく。
スリーマ路地
(でもここどこー??)


すると旅行会社のリストにあった日本料理店SAKURAをひょっこり発見:
SAKURA
カフェでもあるので気軽に入れるそうです(夕食には時間が早すぎて入ってませんが)。


やっとヒルトンホテルがどこだか分かる位置に来ました:
タワーが見えた
のっぽビル(ポルトマッソ・ビジネスタワー)のふもとがそうです。


ずんずん歩いて今度は素敵な感じの地中海料理レストラン、バラクーダ:
レストラン・バラクーダ
ここも旅行会社のリストに載っていました。

マルタ人が記念日などに利用する格式あるレストランだそう。


そのすぐ近くには大きな教会がそびえていました:
教会
Our Lady of Mount Carmel Churchです。

新しい感じだけれど悪魔を惑わす2つの時計がついてるのね(^^;)

少し離れたところから見ると:
教会遠望
屋根の窓の所が面白いデザインです。


この教会がある小さな湾はBalluta Bayという名前で、こんな海水浴場が:
狭い海水浴場
え、階段状?

階段が緑色に苔むして(海藻むして?)いて少々ドブ臭いし、お世辞にも泳ぎたい気持ちにはなれず・・・それでも海に入っていた人がチラホラいました。


メリディアンホテルのプールがなぜか道行く人から丸見え:
プールだ
道路を渡ってプールに行くんだろか?それだと不便だよねぇ?


この夏マルタで流行っていたのはコレの様子:
ドクターフィッシュ
ドクターフィッシュ、足の角質を食べてくれる小さな魚ちゃん達・・・

何軒もこんなお店がありました。よくお互いつぶし合いにならないなー。


Balluta BayからSpinola Bayまでやってきました。


マルタ特有の派手な小舟(漁船?)が何艘も:
カラフルな船1  カラフルな船2
先端部の目玉が特徴です。神様の目で魔除けなんだそうな。

もともとはエジプトの神様の目らしいです(なぜエジプトなのかは不明あせあせ(飛び散る汗))。


こんなモニュメントがありました:
LOVE
新宿にもLOVEってオブジェ、なかったっけ?関係あるんだろか。


この坂を上ってずーっとまっすぐ行けばヒルトン、ではなくて日本料理店『禅・ZEN』だわー、という所まで来た時、通りの向こう側に気になるお店が:
GOCHI
ん?東洋人が開店準備をしてるよ?この時ちょうど午後5時・・・

GOCHIって、まさか日本語の「ごち」??


気になりつつもこの日はまたヒルトンの美しいトイレを使って時間をつぶし(爆)、

またZENに行って、前日と全く同じお寿司を。

同じ夫婦が同じ物を同じ時間に食べてるなんて、変(^^;)?


たくさん歩くハメになってクタクタ・・・シャワーを浴びてバタンキューでした眠い(睡眠)


・・・つづきます

前へ 次へ



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | マルタ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

マルタ旅行・その14 スリーシティー見物

冒頭にこんなことをかくのは何ですが、SupremeTravelの「ヴィンテージバスで行くスリーシティー見物」はあんまりお勧めできませんたらーっ(汗)

バスのレトロ感はいいんですよグッド(上向き矢印)
ヴィンテージバス

運転席がレトロすぎて心配だったけど:
バスの運転席
え・・・これでホントに動くの?(大丈夫です、ご安心をあせあせ(飛び散る汗)


行く先々の景色や運転手さんの案内(英語)も問題なし。

街ゆく観光客からの熱い視線も面白かったりして(優越感?わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗))。


ホテルの無料送迎バスとの兼ね合いでケチろうとするとひどい目に遭うんです。

詳しくは次回(^^;)すんません


出発地スリーマまでの送迎は北回りや南回りのバス同様、順調でした。

「ヴィンテージバスは11時発ですので乗って待っていて下さい。運転手に差額を払って下さいね」
・・・と、係のおじさんに言われたからバスに入ったんですね。

(ホテルでデポジットを払って引換券をもらい、それを持って無料送迎バスに乗ってスリーマまで来ていました)


我々の他には老夫婦が2組、合計6名が参加、って、少なくないかいがく〜(落胆した顔)


ヴィンテージと言えば響きはいいけれど要はポンコツ、ガタガタでスピードが出ませんたらーっ(汗)

ま、ゆっくりでいいや(^^;)でも写真がちょっと撮りにくいかも。

ただ注目度はピカイチで、道行く人が皆さん「なんだあれーがく〜(落胆した顔)?」とカメラを構えてくれるのでちょいと「いい旅してる気分手(チョキ)」に浸れます。

それに何だかんだ言ってもスリーシティは魅力的揺れるハート

本当は自分の足で歩きまわるのが一番なのでしょうけれど、悲しいかな時間がない・・・

スリー(3つ)のシティ(街)とは、セングレア・ヴィットリオーサ・コスピークアの3つをまとめた総称です。


11時になり、平均年齢のやたら高いメンバー(爆)で出発!


マルタには騎馬警官がいるんですね〜:
マルタの騎馬警官
バスの揺れがひどくてブレるもうやだ〜(悲しい顔)


マルタで唯一のモスク:
マルタ唯一のモスク
これ1つしかないんだそうな。でもあるだけでもマシ?


こんな立派な門をくぐりました:
立派な門
セングレアのメインゲートです。


対岸のヴァレッタにはフランスの軍艦が停泊中:
フランスの軍艦
やって来るのは豪華客船だけじゃないんですね。

マルタは造船技術が高い事でも有名なんだとか。修理かな?それとも補給?


マルタのゴンドラ風の小舟です:
マルタのゴンドラ?


セングレアはバスの南回りコースで行った所とほぼ同じだったので「ダブっちゃってしまったなーふらふら」でした。

良かったのはヴィットリオーサで下車して散策タイムが設けられた事。


写真命!!(爆)


路地を走りましたよダッシュ(走り出すさま)

地面には紙吹雪がたくさん落ちていて、なにやら祭りの後の雰囲気目


解体中のステージが:
ステージ解体中


聞けば昨夜(8月10日)聖人(セント・ローレンス)のお祭りがあったのだそう。

それで巨大でカラフルな旗がたくさん立っていたのね・・・


バスの運転手(兼ガイドさん)に聞いたら、
「普段は旗とか何もないんだよ。いい時期に来たねわーい(嬉しい顔)」ですと。

というわけで、派手な飾りをたくさん撮りましたカメラ
飾られた路地

大型の飾りが並んでる

見上げたら天使だった

見上げれば聖人?


旗が片付けられていきます:
旗の運搬車
おっちゃんカメラ目線?


路地裏では聖人が運ばれる真っ最中:
聖人も運ばれる


この景色、シチリア島っぽい?(行ったことないのにあせあせ(飛び散る汗)
階段と教会と
ふと映画「ニューシネマパラダイス映画」を思い出しちゃった・・・



ここも路地が素敵で時を忘れます揺れるハート
マルタの路地1

マルタの路地2


天国の扉?
天国の扉
にしては淡白だなぁ(^^;)



で、再出発バス

我々以外の老夫婦2組は写真も撮らずにカフェでのんびりしていました。

ひょっとしてマルタのリピーター?


観光バスでは行けないような狭い通りを縫いながら、スリーマまで無事に戻ったのでした。

だいたい2時間かかりましたね。


足の悪いお年寄りにはいい?でしょうか。ガタガタ揺れますが。


・・・つづきます

前へ 次へ



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マルタ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。