2017年09月20日

古い法律が廃止され、チュニジア人女性の結婚が自由になりました!

すでに一週間近く経過しているので新鮮味ゼロな内容だったりしますが💦

またしても忘備録的日記です

イスラム教徒が大勢を占めるチュニジアでこんなニュースが出るとは

革命後は男女平等が着々と進行中👀?


チュニジア人男性は昔から好きに結婚できていたんですよ

相手の女性が何国人だろうがイスラム教徒じゃなかろうが手続きをちゃんとやればOK。
(結婚後女性がイスラム教に改宗する場合がほとんどのように感じるけれど実際はどうなんだろ?)

ところが女性はそうは行かなかったんですね

ムスリムならムスリムの男性としか結婚できなかったんです。

なぜなら、法律で「イスラム教徒じゃない男性と結婚してはならない」と決まっていたから。

あぁ、イスラムの”シャーリア法”のことじゃないですよ、1973年に定められた”法律”です(日本語にしたら結婚制限令?)。

この法律のせいでムスリムのチュニジア人女性と結婚したい異教徒の男性はイスラム教に改宗してしかるべき証明書を用意してから面倒くさい結婚手続きをさらにいろいろとやるハメに・・・

なんか、時間がかかり過ぎて男性側も女性側もくじけそう


男性の結婚は自由なのにチュニジア人女性には相手の選択の自由がなくて不公平だ、そんな法律やめちゃえ!

じゃなくて(^^;)・・・

この法律が革命後に採択された新憲法に違反しているから廃止されることになったようです。

宗教界からは反発が出ているようですがね


詳細はアルジャジーラの英文記事をどうぞ→コチラ

動画も見つけました(同じくアルジャジーラ)🎥:



ふーむ、エセブシ大統領頑張ったな・・・
(体調管理気を付けて下さいよ〜アナタに倒れられたら国が混乱しそう


チュニジアはイスラム教の国とはいえかなりリベラルだからこんな画期的な事が出来たんだろうと思います。

でも・・・

他宗教の男性(結婚後にイスラム教に改宗するのかな?)と結婚するチュニジア人女性が増えるかどうかは

法律はなくなっても女性の家族が拒否する場合も大いにありそうですし。
特に保守的な地域ではね

世間体を気にしたり気持ち的に納得がいかないとか、葛藤がありそうです。

これで駆け落ちしても法に触れることはなくなる?!おいおい



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 23:59| Comment(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。