2017年06月19日

観光がじわっと・・・&ラマダン中の友人たち+α

羊飼い少年の殺害事件が今後どう影響するか分かりませんが・・・

今年の初めから5月(ラマダンに入る前)までの記録によると、2016年の同じ時期と比べて観光客がチュニジアに戻って来ているそうです

ネタ元の仏文記事→コチラ
フランス人とドイツ人の割合が増えたのか・・・

フランス人は国を出たいかもね(^^;)いろんな意味で

スースの銃撃事件で犠牲者が多数出たイギリス人も今年はほんのちょっと復活、ロシア人も増えているとか。

両隣の国、アルジェリアとリビアからの観光客も多くなっているそうなのでチュニジアにしてみればありがたい状態と言えそうです。


観光客の増加を喜びつつもチュニジアの観光大臣は注意喚起も

先行きが不透明であまり楽観視できないんでしょうね。

不満分子はまだたくさんいるし(ーー;)

デモ、スト、座り込み・・・減っている感じしないもんなぁ

革命後に生活が楽になったチュニジア人の友人だって誰もおらず
(いや、カナダ人おばさんと結婚してまんまと苦境を脱したのが一名💦)

若者の自殺率も上がっているようで気がかりです →参考仏文記事、昨年の文章ですが



それでも・・・

ラマダンの夜はまったりカフェタイムが一番
カフェでくつろぐ友人3兄弟
シーシャをブクブクやっているピザ職人F君、真ん中は兄の肉体労働者R君、そして自撮りしているのはR君F君の弟A君。

A君は初めて会った時は中学生だったのに今やヒゲ男かね

背景の建物に落書きを消したと思しき黒スプレーが見えるので3兄弟の住むチュニスの下町(あまりガラが良くない地区)のようです。

という事は、山の田舎に3人とも帰っていません(^^;)

ラマダン中でも何か仕事があったら稼いで、ラマダン終了後のイード休みにあれこれ買い込んで帰省する、そういうスタンスなのかも。

人が多いとその分食べる口も増えるから色々厳しいらしく💧

かつて「RとFの実家はうちよりも貧乏だから大変です」とZ君が言ってたっけ。

それに山暮らしはZ君たちにとって少々退屈なようで・・・

いろんな面々が「山にはカフェなんかないし、つまんないんだよね」と言っていたのを思い出しました。

ヤレヤレ、刺激が欲しいお年頃?!


そして田舎に戻っていない人がもう一人:
カフェでくつろぐ友人
C君ナブールにいるの?多分仕事の都合でしょう。

パッと見「カフェでくつろぐカッコイイ俺様✌」なんですが、たまたま頭の真後ろにヤシの木があったせいでついたコメントが:

”新種のヤシだ〜(≧▽≦)”

期せずしてちょっと外すところがC君らしい。

相変わらずいじられキャラだねぇ
私はパイナップルを思い出したけどさ(爆)


しかしつくづくチュニジア人はカフェが大好き!!!中毒?



<つけたし>

実は今年の2月末にR君が結婚しましてまぶるーっく

Z君から画像が来て知りました📷

田舎の方では金屏風ならぬキラキラ布やじゅうたん(赤っぽいものが多い?)をバックに新郎新婦が着席します:
山の新郎新婦
許可なしで写真を貼っているので新婦大半塗りつぶしでスミマセン💦

小さな画像で見づらいですが他の地方(テストゥール)での結婚式画像もどうぞ→過去の日記


そっか・・・R君も30歳だもんねぇ(山の方では”男の適齢期”)。

Z君同様さっさとお父さんになることでしょう。


R君は笑うとカールおじさんに似てまして:
カール・チーズ味
今後は東京じゃお店で買えなくなるのか・・・さびし〜

でも、黙っているとギリシャ彫刻なんです:

ブルータスの像が一番近い・・・あら、これはローマ彫刻?💦

表情のギャップが激しくて不思議です。


ラマダンもあと少し、事件などないといいなぁ・・・



ラマダン専用バナーです↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック