2014年11月03日

バルセロナ一人旅(その33)グエル公園内・ガウディの家博物館2

週末はダンナにパソコンを取られるので思うようにアップができませんバッド(下向き矢印)

なのでつい夜更かし夜になって良くないですね。
(本人が寝ている間にコソコソあせあせ(飛び散る汗)

ノッているうちにサクサク行きましょーわーい(嬉しい顔)


ガウディの家博物館と言うからにはガウディ自身が設計して造った家だと思っていたんですが、博物館内で買ったガイド本には:

『ガウディの協力者である建築家フランセスク・ベレンゲーが設計した家』

・・・とありました。なのでガウディ風(?)のお宅、という事になります。

中に置かれている家具にはガウディ作品も多々混じってますがね。


2階には仕事部屋と寝室、洗面所もありました。

仕事部屋の全容:
ガウディの仕事部屋


置かれていたランプをアップで:
卓上ランプ
この棒は何だろ?ランプの高さが調節できそうだけどあまり意味が・・・あるのかしらん?


隅にちょうどはまっている暖炉:
暖炉
彫像はただの飾り?説明版に何か書かれていた気もするんですが記憶がたらーっ(汗)


寝室はシンプルでした:
寝室
ベッドが意外と小さくてびっくりがく〜(落胆した顔)

私にはいいけれどダンナ(180cm近い)は収まりそうもありません。

ガウディさんの身長って一体・・・?

中世の人よろしく足を曲げて寝る習慣があったんだろか。

いろいろ疑問に思いつつウロウロ・・・


当時はお湯も出た洗面所(浴室)です:
洗面所
なんで流しが2つあるんだろう?

しまった、バスタブ撮ってないふらふら


ついデザインが気になって床のタイルをパチリわーい(嬉しい顔)
2階床のタイル
植物系ですね。


階段から1階を眺めると:
2階から下を見る
チケットカウンターが見えてます。

意外と観光客がたくさんいました。

オフシーズンでこれでは観光シーズン中は大変そうふらふら


1階の床も撮影:
1階床のタイル1

1階床のタイル2
日本では見かけない柄だもんでつい・・・あせあせ(飛び散る汗)


博物館付属のお土産屋さんを物色してカラー写真満載の薄いガイドブックを購入(6ユーロ)、外に出ました。


ガウディの家博物館には小さな庭もあってオブジェがいくつか置かれています:
博物館の小さな庭

庭のオブジェ
敷地こそ狭いですが悪くないかとグッド(上向き矢印)


庭の石垣にはタイルがはめ込まれていました:
ガウディとジョジョールの名前が
グエル公園のコラージュはガウディとジョジョールの作品と言いたいのかな?


建物の通気口と煙突を見つけました:
煙突と通気口
通気口もただのじゃ済まされないらしい

ガイドブックによると煙突は2本あり、「キノコが自然に生える様子に似せて作った」と・・・

表面に貼られたタイルの色が赤・黄・青って( ̄▽ ̄;)派手やなー


この鉄扉を出て公園敷地内に戻りました:
扉もアート


だんだん日が傾いて・・・

明るいうちにホテルに戻りたかったので、公園の一番高い位置にあるゴルゴダの丘は見ずに帰ることにもうやだ〜(悲しい顔)

月のモノの最中じゃなかったら走って行ったでしょうけどその時は体力的に厳しくてバッド(下向き矢印)


公園入口の管理小屋に戻って来ました:
再び管理小屋
日陰で暗かったので画像処理してます。


ワイルドな感じの壁とビビッドなブルーのタイルモザイク、これにネジネジ金属・・・がく〜(落胆した顔)
管理小屋の窓
こんな組み合わせを考えつくガウディさんってやっぱりタダもんじゃないワ。

でも窓の掃除が面倒くさそうふらふら

ま、自分が住むわけじゃないからいいか(爆)


最後に正面階段をまた撮りました:
再び公園正面階段
あれ?人が増えてる目

こうして後ろ髪をひかれる思いでグエル公園を後にしたのでした。


ホテルに戻る途中でカルフールに寄ってサンドイッチとミネラルウォーターを買い、質素な晩ご飯でしたとさ(観光はしっかり、ご飯はケチケチでしたねぇたらーっ(汗))。


・・・続きます

back next



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。