2014年09月30日

バルセロナ一人旅(その31)グエル公園をうろうろ

今日は暑い!30度近い残暑になってびっくり@東京です。

気づけば”放置プレイ”のバルセロナ編・・・m(_ _)m

9月はだいぶサボった感が否めません。

アクセス数が一昨日くらいまでの数日間異様に多くて(延べ1000人以上)心配しましたが、昨日から落ちついて来ていてホッとしています。


では続きを・・・

グエル公園と言えばやはり、あのクネクネなベンチだと思います。

で、それってどこー目

そう思いつつ市場わきの階段を上がったらかなり広い場所に出ました(動画):



一瞬面食らいましたが広場を縁取るように・・・
グエル公園のベンチ
おぉ〜、これが「体にぴったりフィットするベンチ」なのね。

当然座ってみましたとも手(グー)

なるほど〜〜

焼き物でできているからお尻の下は固いのですが、背中の曲線にハマるようなちょうどいい感じがします。

ガタイのいい西洋人が座ってもOK、小柄な私が座ってもOKってのが不思議・・・

ガウディさんやっぱ天才だワーグッド(上向き矢印)

座る所はたくさんあるんですが人が多いせいで写真が撮りにくいです。

ベンチなんだから模様が見えないのを文句言っちゃいけないんですけどねあせあせ(飛び散る汗)


何種類もの割れたタイルで描き出された模様がきれいぴかぴか(新しい)
ベンチのモザイク模様がきれい

いろんなタイルがたくさん!
厳密には彼の弟子ジョジョールが装飾を担当したそうな。

でもガウディっぽい雰囲気がプンプンるんるん


元グエルさんちとベンチと西洋人:
観光客いっぱい
つくづく絵になります。アジア人だとモロ観光写真にしかならないのに。


次は広場から見えるお宅、トゥリアス邸に行ってみるかな?
丘の上にトゥリアス邸
世界遺産の公園にぽつんとあるお宅・・・家

昼間は観光客でごった返すからいいけれど、夜になったら寂しくない?


また天井がワイルドな所をちょっと通ります:
天井がちょっと怖い通路
よく落ちてこないねたらーっ(汗)


通路の上は高架になっていました:
高架になってます


高架の上の部分です:
高架の上の部分
へー、植木鉢になってるのかがく〜(落胆した顔)

でも水やりどうするんだろ?かなり背が高いんだけど?

見過ごしそうですが柱の間に石のベンチも並んでます(危ないの?座れないですね)。


ここまで上がって来ると見晴らしいいですよ〜グッド(上向き矢印)
いい眺め♪
右の方はモンジュイックの丘、後日行きました。


サグラダ・ファミリアも見えます:
サグラダ・ファミリアが見える
やっぱり目立つ建物だなぁ目


坂道を上がってようやくトゥリアス邸の門前にやって来ました:
トゥリアス邸1
あぁ、自然豊かでヨーロッパな感じ・・・素敵黒ハート


今でも個人のお宅なので勝手に入ることはできませんが、外観は撮れるもんねわーい(嬉しい顔)
トゥリアス邸2
大きな家です。この土地を購入したトゥリアスさんは弁護士だそうなのでさもありなん。

屋根の方に日時計が設置されているのが分かりますでしょうか?


迷路みたいな坂道のあちこちでインド人の露天商が商売していました。

お互いに話す言葉がヒンディー語・・・サウジの出稼ぎな皆さんを思い出しましたよあせあせ(飛び散る汗)

通りすがりの観光客に「何でも1ユーロ演劇」と声をかけてましたね。


公園の案内図があったのでパチリ:
公園の図は向きが変?
横倒しな図目??よく見る公園の地図とは向きが違うので分かりにくいです。


しかし何だか歩き回って疲れて来たなー

お土産に買った説明本には「公園の道の全長は3000m」と書かれてました。

でも私には5kmくらいの感覚で・・・たらーっ(汗)

だって、公園自体が斜面にあるんだもの、月に一度の流血沙汰の最中でかつ運動不足な人にはチト厳しいですふらふら


・・・続きます

back next



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。