2014年08月12日

バルセロナ一人旅(その30)グエル公園まだ序の口

大量の雨を降らせた台風がやっと去ってくれてホッとしたのもつかの間、また暑くなって来ました。

エアコンの除湿運転さまさまです

あぁ、エボラを心配している皆様、チュニジアは大して心配いらないんじゃないかと。

発症前の人(つまり潜伏期間中の人)に接触してもうつらないそうですし、インフルエンザみたいに感染者の近くにいるだけでうつるような強い感染症ではない、という記事を見つけました。

ようは発症してしまった患者をきっちり隔離すればいいらしい(→日本語の記事、→そのもとになった英語の記事)。

あと、ユーチューブでたまたま見つけた日本人医師のインタビューも参考になりました演劇

患者が続出している西アフリカの国々の文化的背景(ものの考え方とか対処の仕方とか)が感染拡大の原因の一つになっているとはねぇ・・・知らなんだ。

というわけで、ギニア、リベリア、シエラレオネにいる人は現地の隔離体制が不十分だから早く国を出た方が良さそうですが、それ以外の国では発症者が出た国から来る人の体調に気を付けていればいいわけで、万一何か様子がおかしくなったら隔離してしまえば周囲に蔓延することもないのでは?と感じます。

マラリアやインフルエンザの方がよっぽど怖そうですねふらふら



あぁ、では、旅の続きを手(グー)

グエル公園は正門を入るともう見どころが待ち構えてます。

スペイン階段みたいな階段の中央部に小さな噴水が3つ並んでるんですね。


一番低い位置の噴水は自然の造形をそのまま縮小したような形でした。
(しまった・・・写真撮ってないふらふら


二番目の噴水は:
第2の噴水
赤と黄色の縦じまはカタルーニャの旗ですが、何の頭が突き出ているんだろ?アルマジロっぽいけど南米じゃあるまいし、違うよねぇ。

後でグエル公園の説明本を買って見たらの頭だと書かれていました。


そして一番高い位置の噴水にあるのが有名なこれ:
トカゲの噴水
そう、あの何とも言えない雰囲気の、鮮やかな色のトカゲちゃん黒ハート

並ぶほどひどい状態じゃなくて良かったグッド(上向き矢印)

実は「竜」らしいんですが私にはトカゲにしか見えない・・・目


トカゲの後ろ、最上部には不思議な形のものが立っていました:
一番上の噴水


そして公園の入口方面を振り返ったら:
海が見える
あら!が見える・・・わーい(嬉しい顔)

ん?デジャヴ?どこかと少し似ているような(→ここでした)。


階段を上り切ると太い柱が何本もある屋根つきの広い空間があります:
市場になるはずだった
ガウディが市場にするつもりだった場所だそう。

柱がギリシャ神殿風で重厚な感じです。

天井の所々には丸い派手な飾りがありました。

大きい丸装飾は太陽をあらわし、小さなものは月をあらわしているそうな。


太陽その1:
太陽1


太陽その2:
太陽2


月の一つ:
「月」の装飾
皿やビンやカップが使われているのが分かりますでしょうか?


市場の横に見えた大きな建物です:
グエル邸(現在小学校)
現在は小学校として使われているのですが、かつてはグエル邸でした。

ダイヤ型の窓がおしゃれ・・・あぁここの子供たちが羨ましい〜たらーっ(汗)


旧グエル邸を横目に見ながら階段を上がって行くと:
通路
思わず首を傾けたくなっちゃう右斜め上


でも上を見たら:
天井の石が・・・
頭上がビミョーに怖いんですけど・・・石、落ちてこないがく〜(落胆した顔)


通路を支えているように見える柱を外から見ると面白いです:
洗濯女のポーチ
一つだけ女性の形をしてますよね。

この像があるためにこの通路には「洗濯女のポーチ」という名前がついているそう。

ガウディの遊び心るんるんを感じました。


・・・続きます

back next



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 21:15| Comment(5) | TrackBack(0) | バルセロナ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エボラ心配してました。チュニジアからは一言「遠いから大丈夫」と(笑
日本の薬、効くといいですね!

私は来月早々出発です。一ヶ月切ってるんですが、E-チケットが来ず、3回ほど請求して、やっと送られてきました。予約は随分前でしたがw
Posted by 1010 at 2014年08月13日 07:46
>1010様
チュニジアは西アフリカの国々からは遠いですね。
空港だけはチェック厳しそうですが他は・・・(^^;)
エボラ出血熱よりも、マイコプラズマ肺炎とかA型肝炎とか、普通にかかってしまいそうな感染症の方が私は怖いです。

Eチケットは未だに落ち着かなくて困ります。
こんな紙切れ一枚で大丈夫か?と不安になってしまいますね(苦笑)

良い滞在をお祈りしています!
Posted by snowshoe-hare at 2014年08月13日 14:06
最近の江戸って年々暑くなってる気がしますね

一つ質問ですが、あちらでの収入があるとして、それを海外に持ち出す場合どうなるんですかねー?
謎で謎でw 
Posted by 1010 at 2014年08月16日 09:21
>1010様
子供の頃「今日は暑い、31度もあります」なんて絵日記を書いていました・・・今や35,36度も珍しくないですもんね。

ディナールは外貨規制があるので意外と両替が難しくて厳しいですよ。

現地で収入を得られるのならユーロ(か米ドル)でもらえるよう交渉されるのが得策です。
ディナールで払われるようならもらった分は使っちゃうしかないと思います。
少額ならディナールは持ち出せてしまいますが日本では両替できませんし、使い勝手は全く良くないお金です。

ダンナはチュニジアの銀行口座に入ったディナールを引き出してはチュニジアでの生活費にしていました。Z君などに華々しく支払いをしていたのも「使い切る」ためだったのかも・・・
Posted by snowshoe-hare at 2014年08月18日 21:40
なるほど。。。だから向こうからドルで提示してきたんだと判りました(笑

どうやら年代が近いようです(私の夏の研究は天気図張ってただけですが、やはり30度、31度がMAXでした)あはは。
Posted by 1010 at 2014年08月19日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。