2011年09月30日

マルタ旅行・その13 日本食にありついたー!

ヒルトンホテルはさすがヒルトン!という趣でした。

高級すぎてダサイ格好の我々なんか門前払いされちゃうんじゃないのがく〜(落胆した顔)と思ったくらい。

美しいお手洗いが使いたくて宿泊客のふり(爆)


いや、目的地はそこじゃありませんから!


旅行会社からもらったリストには「高いけれどおいしいタイ料理レストラン」がヒルトンにあると書かれていましたが、夫婦とも辛いものはあまり得意ではなく・・・

その近くにあるはずの和食屋さんをダメもとで探してたんですよ。


実はラディソンホテルの部屋にあったパンフにこんな記事が:
パンフの記事
こっ、これは、本物っぽくない?

サウジでは広告が美しくても実際は「はぁexclamation&question」な事が多かったせいで、「これもなんちゃって日本料理なのかな(ーー;)」と疑心暗鬼になりましたが・・・

まずかったら2度と行かなきゃいいんだしわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

見つかったら値段次第で食べてみようと思っていたんです。


ヒルトンの建っている一帯はポルトマッソという、高級感あふれる場所でした:
マリーナ
ふぉ〜、プライベートマリーナ目


おしゃれな感じのレストランがあちこちに:
おしゃれな場所・・・
階段の両側は全部食事できる所でした。


おおっ?
日本料理店『ZEN・禅』
見つけた〜るんるん

日本料理店『ZEN(禅)』です。

ネットで調べたらマルタにおける日本料理店の草分け的存在だとか。

むろん日本人がお寿司を作っています。

これなら安心わーい(嬉しい顔)


でもめっちゃ高いんだろか・・・たらーっ(汗)
メニューの一部
まぁ、安くはないけれど、同じ値段を払ってマズイものを食べるくらいならこっちの方が。

と書きつつ、一体いくらだったのか忘れました(おいおいあせあせ(飛び散る汗))。


外の座席:
和風
テーブルセッティングがまともですねぇ♪いい感じグッド(上向き矢印)


夕方6時から開店とあったので(15分くらい早かった)待つことにしました。

でも10分前くらいにお店に入れてもらえました。さすが日本!ありがたいです手(チョキ)


案内されたテーブルの上には:
苔玉
きゃー苔玉だー揺れるハート


アルコール類が壁に並んでいます:
バー
日本酒が何種類か見えますね(小さいけど樽酒も?)。

そうよねぇ〜、正統派日本料理店ってこんな感じよね〜ハートたち(複数ハート)

サウジのリヤドで一番まともな「東京レストラン」は経費節減なのか「もうちょっと内装、何とかなんないのかなーたらーっ(汗)」でしたし、それ以外のお店はチュニジアもそうですがヘンテコモダンなお店が多くて・・・

現地人受けしないとダメだからそういう路線?になってしまうのは分かる気もするけれど。

まぁそれはそれで面白い部分も、ね(^^;)


夜だしたくさん食べるのはちょっと・・・で、控えめにお寿司だけ:
お寿司
あー、なんて普通なんだろうわーい(嬉しい顔)

うまいーっ!しあわせー(≧▽≦)

ご飯が日本米ではない?ような気もしましたが、上手にできていましたね。


日本からの観光客だったらマルタ料理を食べたいと思うでしょうけれど、サウジの次にチュニジア、まともな日本食にありつけない国にいるとこういうお店が「救いの神ぴかぴか(新しい)」に見えます。



食べ終わって、一路ラディソンホテルまで歩いて戻りました。

途中の一番繁華な場所:
繁華な路地
勝手にマルタの竹下通りと命名(本物とは比べ物にならないほど短いけど)。
狭くてうるさくて若者がいっぱい!


・・・つづきます

前へ 次へ



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マルタ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。