2017年10月11日

合掌...保健大臣がマラソン大会に参加、心臓発作で亡くなりました

8日の出来事です。またしてもちょっと遅れちゃいました💧日本語のニュースにもなってますねぇ。

ま、タイトルの通りです・・・

私の元ネタは仏文新聞La Presseの記事(→コチラ)と仏文ビジネスニュースの記事(→コチラ、白黒ですが走る大臣の画像入り)です。

ナブールでマラソン大会が行われたんですが・・・乳がんのキャンペーンでね。
おっ、会場になっている場所は行ったことあるぞ(^u^)

(日本語のニュースはどれも「小児がん治療支援のためのチャリティーマラソン」と書かれてるけどヘンだな??仏文記事内で大臣が着ているTシャツには乳がんのシンボルであるピンクリボンと思しきマークが入っています)

その大会に保健大臣のSlim Chaker(スリム・シャケルかな?)氏が参加していたそうな。

ところが走った(どれくらいの距離かは書かれてない)末に胸の痛みを覚え、まずは近くのGrombalia病院で応急処置を受けたものの容体はすでに悪く、首都チュニスの軍事病院に搬送されましたが手当の甲斐なく亡くなったそうです。

はぁ・・・心臓発作ですか。

奥さんと3人のお子さんたちはショックだったろうなぁ


大臣は56歳、決して若いとは言えません💧

それにマラソンやジョギングが趣味だったともちょっと考えにくかったりして(走っている姿を見るとお腹が・・・)。

準備運動が足りてなかった?ちょっとハッスルしちゃった?

本当は走らない方がいい体だったんじゃ・・・

なぜ走っちゃったんでしょうね

あいさつくらいで良かったのに。


仏文記事のコメント欄には「最初の病院に心臓専門医がいなかったんじゃないの?」とか設備や処置が不足していたのではと言った批判もチラホラ。

ナブールは首都チュニスと比べたら地方だからなぁ

そういう大会には必ず万一に備えた”救護班”がいそうなものなんだけど

ただマラソンと言ってもミニマラソン(5キロらしい)だからどうかしらん?
家族で、子供も参加しているように見えますし(→大会主催団体のフェイブックページ)。

いや、だからこそ救護班、要るよね。


でも舞台はチュニジア・・・

AEDのような配慮はなかったかも


チュニジアと言えばフェイスブック、見つけましたよ〜。
走る大臣(中央長ズボン、頭に文字がかかってます)カラー版です:

9月に保健相になったばかりだったのに・・・R.I.P.



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 19:13| Comment(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。