2017年06月14日

ソフトイスラムの国ならではのデモ?!(こんな内容のデモは初見参だけど)

本当は他の事をアップしたかったんですがチュニジアのメディアが何も反応していない・・・

ルモンドやハフィントンポスト、英語のサイトにはこのデモの様子がたくさんあるのに。

まぁ、あまり大っぴらに書きたくないのかも知れません。考えようによっては”恥ずかしい”話だから??

サウジ同様チュニジアの『妙なニュース』はさっさと翻訳されますねぇ→日本語のニュース


お題:ラマダン中に食べる権利を求めるデモ


革命以降デモがあまりにゴロゴロ起きるので「あぁまたか」とロクに気にも留めていませんでしたが、さすがにこれにはびっくり

少々長めなのですが(17分ちょい)デモの様子を映した動画をYoutubeで見つけました:

日曜の昼、ブルギバ通りでプラカードを掲げたデモだけど、何か楽しそう

警察車両も見えていますが小競り合いも暴力沙汰もなし、穏やかなもんです。

日曜の昼間は普通みんな寝ていて出歩く人が少ない上、お腹空っぽだから通りかかっても文句を言う元気もない、かな


にしても参加者は大胆です。

昼間っからタバコをプカプカ・・・ラマダン中の昼間は本来飲食もタバコもダメって聞いたぞな

断食はイスラムの五行の一つでかなり大事な行ないだと思っていたんですが


「食べたっていいじゃん!食べる食べないを選ぶのは個人の自由でしょ?」

言ってる意味も分かるし気持ちも分からんでもないけれど・・・


わざわざデモをやる理由って??( ̄▽ ̄;)


飲み食いしたけりゃ勝手にやればいいし、営業しているカフェや食堂も少しはあるんだからそれでいいじゃん、と思ってしまった私です。

ホンネを言えば、ラマダン中でもお店のオーナーやマスター次第でいいから飲食店には通常営業して欲しいし、警察の店に対する取り締まりはおかしいんじゃないの?(カフェで取り締まりがあったなぁ)とも感じるけれど、デモをやるかねぇ・・・

単に集まって目立ちたかっただけだったりして(爆)
集まって騒ぐの好きだもんね(^^;)


実は革命前、ラマダン中でも営業をフツーにやっていた街のレストランがいくつかあったんですよ。

非ムスリム駐在員にとってはかなり助かるお店で

お高いツーリスティックレストランやホテルまで足を延ばさなくても良かったんです。

が、革命直後のラマダンは見事に飲食店が全部閉まっていてちょっとショックでした。

でもその翌年には「昼間コソコソ営業中の喫茶店」がポツポツ出現してたりして(^^;)

この辺のアバウトさがチュニジアだよなぁ


考えてみればイスラム教徒がいるマレーシアやスリランカじゃラマダン中だろうが通常営業しているレストランも多数、そんな誘惑ありまくりな状況でもきっちり断食をするムスリムもいるのだからチュニジアでも同じことができる・・・はず、だよね?



ラマダン専用バナーです↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)


posted by snowshoe-hare at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。