2016年09月24日

待望の雨!でも降りすぎ!(≧Д≦)

水がないと騒いでいたのが一転・・・

昨日チュニジアの北半分でものっっすごい雨が降っていたようです。


降らない時は全然なのに降ったら土砂降り・・・落差激しすぎ

我々が住んでいた頃も土砂降りはあったし、そういう時は道路が川になっていましたが今回はひどいようですね。

特にスースは。

今でも雨雲がかかっていて断続的な雨のようです。

フェイスブックには水没した車や床上浸水した家などの写真があふれていてびっくり。

動画もたくさん上がっていて、スースの海岸に降った雨が滝のごとく流れているものやら道路が川と言うより濁流か鉄砲水状態になっているものありました。

学校帰りの女の子が流され、叫び声を聞きつけた彼女のお父さん(?)が娘を救いに突っ走っていたり(無事救出、ホッ)、浸水した家から家財道具を運び出す様子など生々しくてハラハラします。


メトロ(地上を走ります)の駅で途方に暮れる人達の様子(音が出ます):

もうどうしようもなくて撮影者も笑うしかなかった?!

でもこの後はホント、皆さんどうしたんだろう・・・無事に目的地まで行けているといいのですが。


でもなー、

おっちゃんたちはもう少し切羽詰った方がいいのでは(音量注意!):

タバコ吸ってる場合とちゃいまんがな〜💧 もう投げやり?!

というより、流されまっせ!!


別の道路ではゴムボートでお父さんが幼い子供たちと遊んでるし( ̄▽ ̄;)

水深が浅くて水が流れていないからって、昨今のゴミ事情を考えるとちょっと不衛生なんじゃ💧


他の冠水した場所にはサーフィンボードとパドルでウロウロする男性や水上スキーのまね事をする若者たちまでいて「おいおーい」・・・

あきれるよりもたくましさを感じてしまいました


しかし、Z君たちの山の家は大丈夫なんだろか(ーー;)

日本みたいに土砂災害警報なんかない国なのでね・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

意外と強いぞチュニジア人選手@パラリンピック

今日は十五夜、残念ながら東京は月が見えそうもありません

極短日記です💦

ページを眺めてちょっと驚いたもので・・・

実はチュニジア、意外とたくさんのメダルを稼いでいるんですよ✊

公式ページによると目下、金5個、銀6個、銅3個だそうで(日本は今の所金メダルなしの銀7個、銅9個)。

メダルランキングではチュニジアの方が日本よりも上位につけています

むろん、アラブな国々の中でも断トツ


前のロンドン大会のこん棒投げで金をゲットしたMaroua Brahmiさんが今回も金メダルとは👀

うぉ〜連覇じゃん

体の状態がどうであれ、全力で走ったり泳いだり、人間の可能性ってすごいですね



蛇足:羊だって意外と跳べるんです↓
via GIPHY
数えているうちに眠くなるかも?!



にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

AÏDKOM MABROUK!なんだけど...

今日(昨日)から犠牲祭休暇、イードであります
(タイトル=イードおめでとうございます、の意)

毎度ベタなんですがグリーティング画像をどうぞ:
犠牲祭用挨拶(チュニジアブログ用)
アラビア語のカリグラフィーでイード・アル・アドハー・ムバーラクと書かれている・・・はず、です。

こんなコミカルバージョンも💦
ユーモア(?)犠牲祭用挨拶


午前中のうちにそこら中で羊が”処理”されたことでしょう。

パン屋さんとフルーツスタンド以外のお店はお休みかな?

革命以降何かとヒマがない軍人さん達も今日は羊肉BBQを楽しんでいるようです:

本当はみんな家族といっしょにお祝いしたいんでしょうけれど、不測の事態に備えなきゃならないもんねぇ。


ただ・・・テロとはまた別件でかなり心配なことがありまして。


今年は干ばつなんです


チュニジアの夏は基本的に毎日晴れ上がってピーカン(←死語?)、草木が枯れて地面が茶色くなるのが普通で、夏になると水道の出が悪くなるのが常でした⤵

日本よりも気温が高い(40度超えます)し、水の消費量もつい増えがち💧

そこへもって今年は例年よりも雨が少なかったらしく、宗教省の呼びかけで宗教指導者たちが雨乞いをしたとか(→仏文記事)。


犠牲祭では路上の血液を洗い流すのに大量の水を使うため、下町の人口密集地域では水圧が下がって自宅の2階まで水かあがって来ない(!)んですよ

普通の年ですらそうなるのに、渇水中でみんなが同じことをしたら1階でも水が出ないお宅が出るんじゃ・・・

なんて危惧していたら、イード初日なのに水道が切られた地域があった様子
shemsFMの短い仏文記事

そりゃぁ当然SONEDE(水資源開発公社)に怒鳴り込みモンでしょう

日本人的感覚だと「正月早々水が出ないって何だよ」ですなぁ。


南部はもっと深刻で(砂漠だし)、この後どうなるんだろうかと心配です

国内のあちこちにダムがある割には・・・まだ数が足りていないのか、造った場所がイマイチなのか、運営(?)の仕方に問題があるのか、メンテがよろしくないのか・・・

それに公害の問題(工場の廃水が取水口のある川に垂れ流し)もかぶって来ていて厄介です

日本だって水俣病など長期間にわたってもめているのに、チュニジアだったらなおさら時間がかかりそう💧

Z君の実家が汲みに行っている山の湧水の方がよっぽどきれいだったりして。



おまけ↓

実は「シーッ」な水の話→過去の日記

お金持ちならこんなものがあるんですねぇ・・・怖くて飲めないけどさ。



↓イードバージョン♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ ←click please! ランキング参加中(^^;)
posted by snowshoe-hare at 01:27| Comment(1) | TrackBack(0) | チュニジア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする